CONTEC

労働・職場環境

基本方針

 当社では、「独創的な技術と製品を通して社会に貢献する」という経営理念を実現するために、従業員一人ひとりが健康で活き活きと活躍することが全ての基盤であると考えています。
 このような考えのもと、従業員のワークライフバランスや職場のダイバーシティの充実に取り組み、従業員が働きやすく、多様な人材が活躍する職場環境づくりを進めています。

ワークライフバランス

仕事と生活の両立支援


 従業員が仕事と私生活のメリハリをつけて活き活きと働く環境を整備するとともに、育児・介護をはじめとするライフイベントと仕事の両立支援のための取組みを強化し、今後もより働きやすい環境を整備していきます。

<従業員のリフレッシュ支援>

制 度 内 容
定時退社の奨励 毎週水曜日を健康の日と定め、定時退社を奨励しています。
館内放送や、定時時間後に職場巡回を行い、定時退社の徹底を進めています。
フレックスタイム制度 勤務時間の自主的な管理による時間意識の高揚と業務の効率化による生産性の向上、会社生活と個人生活との調和を目的として、フレックスタイム制度を導入しています。
計画的有休取得制度 従業員のリフレッシュを目的に、毎年6月から9月の間に有給休暇を連続3日間取得(土・日を含めて連続5日間以上となるように設定)するように取組んでいます。会社・労働組合にて取得状況を確認し、取得率100%を目指しています。
未消化有休休暇積立制度 従業員が期間内に取得できなかった有給休暇を積み立て(最大60日)、ボランティア活動・私傷病・育児・介護などのために活用できる休暇制度を導入しています。
リフレッシュ休暇制度 50歳を契機として、一時的に仕事を離れて今後の進路をじっくりデザインするため、また心身ともにリフレッシュし、気持ちを新たに仕事に取組むことを目的として、土・日を含めて連続20日間の休暇を付与しています。

<育児支援>

制 度 内 容
出産休暇 (従業員が出産)
法定どおり、産前6週間(多胎妊娠14週間)、産後8週間の取得となります。
(配偶者が出産)
2日間の取得が可能となっています。
育児休業制度 子が1歳に達する月の月末まで取得が可能となっています。(保育所に入所できないなどの場合には2歳まで延長可能)また、休業前面談、育休中面談(希望者のみ)、復職前面談を本人・所属長・人事担当者で実施し、スムーズに復帰できるよう支援しています。
育児休業早期復職制度 育児休業からの早期復職者で、早期復職者(生後11ヶ月未満で復職)が1歳未満の子を託児サービスに預ける場合の費用を補助しています。
短時間勤務制度 小学校3年生終了までの子を養育する場合に、最大6年間分の分割利用が可能となっています。(もしくはコアタイムを設定しないフレックスタイムの利用が可能)
看護休暇制度 看護が必要な小学校3年生までの子供1人につき年間5日間、2人以上であれば年間10日間の取得が可能となっています。(1日または半日単位での取得が可能)
ジョブリターン・エントリー制度 育児を理由に退職した社員に対し、一定の条件を満たす場合に再雇用の機会を提供しています。
その他 ベビーシッターサービス費用補助制度、保育所入園時の情報提供サービス利用制度、福利厚生アウトソーシングサービス等を設けています。

<介護支援>

制 度 内 容
介護休業制度 家族を介護する場合に最大1年間取得が可能となっています。
短時間勤務制度 家族を介護する場合に最大3年間利用が可能となっています。
(もしくは、コアタイムを設定しないフレックスタイムの利用が可能)
介護休暇制度 要介護家族1人につき年間5日間、2人以上であれば年間10日間の取得が可能となっています。
(1日または半日単位での取得が可能)
ジョブリターン・エントリー制度 介護を理由に退職した社員に対し、一定の条件を満たす場合に再雇用の機会を提供しています。


健康に関する取り組み

アクションプラン・目標


 2018年度健康診断結果で特定保健指導対象となった従業員を対象に、目的別(減量、食事内容改善、血糖値改善)のセミナーを開催し、生活習慣の見直しを行った結果、2019年度健康診断結果で特定保健指導対象者の46%にBMI、肥満度、体重、腹囲において効果がみられました。
 BMI25以上の人数の推移が2016年をピークに改善傾向にありますが、さらにBMI25以上の割合減少を目標に、引続き生活習慣の見直しに取組みます。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2022年度
(目標)
BMI25以上の割合 29.5% 28.5% 28.3% 27.3% 25.0%

※BMI(肥満の判定基準):体重(㎏)÷(身長m×身長m)

長時間労働の削減と有給休暇取得率向上の取り組み

 当社では、トップダウンによる取組みに加え、各職場での個別事情を考慮し、各職場が主体となるボトムアップでの改善の取組みとして、「コンテック スマートワーク活動」を行っています。

コンテック スマートワーク活動とは…

  • 残業時間の削減や有給休暇取得率の向上に関して、職場単位でマネージャーが所属メンバーと話し合った上で、自部門の実情にあった改善目標と重点取組施策を宣言しています。
  • 本目標は、職場に目標を記載したポスターを掲示したり、全社に向けてイントラネット上にて公表するなど、全社的な取組みとして社員一人ひとりが意識できるよう活動を推進しています。

このような取組みを通して、従業員の働きやすい職場づくりに全社で取り組んでいます。

スマートワークポスター

従業員の健康増進の取り組み


 当社では、従業員が心身ともに健康な状態で働き続けられるように、従業員の健康増進に取り組んでいます。
主なものとして、「健康診断」や「メンタルヘルス」への理解を深めるためのeラーニング講座を実施したり、インストラクターが職場に出向いて、職場にいながら簡単・手軽にできる運動を指導する「職場でエクササイズ」などの運動セミナーを定期的に実施しています。

従業員の健康増進の取り組み

ダイバーシティ

障がい者の雇用


 2017年より支援学校や職業能力開発センターを訪問、実習生の受入れを積極的に行っており、実習を通じて2018年、2019年に各1名採用しました。当初は清掃業務が中心でしたが、現在はパソコン業務、事務業務等も行っています。また、不要となったパソコンの分解業務も始め、これまで外部へ有償で分解処分していたものを、内製化することで利益を生み出すことにも貢献してくれています。
 今後も、それぞれの適性を把握し、持てる力を発揮できるような職場づくりを目指していきます。2019年6月1日現在の障がい者雇用率は、法定雇用率(2.2%)を上回る2.7%となっています。

障がい者の雇用

2016年6月 2017年6月 2018年6月 2019年6月
障がい者雇用率 1.5% 1.6% 2.5% 2.7%

高年齢者の雇用

従業員が60歳の定年以降も豊富な知識・経験を十分に発揮して活躍できるよう、2003年4月より60歳を超えた後も引き続き働くことのできる人事制度をスタートし、現在では最長で65歳まで勤務いただくことが可能な制度としています。

60歳定年を迎えた従業員の再雇用率
94.1% ※2016年度~2018年度の3年間

女性活躍推進の取り組み


当社では全従業員の活躍はもちろんのこと、女性社員がより活躍できる職場づくりに取り組んでいます。

<女性社員向けセミナーの実施>


 2017年度には、女性社員向けセミナー「Woman’s Forum」を実施しました。
 セミナーでは、女性社員が活躍できる職場のあり方や自身のあり方について、他部署の女性社員との討議等を通じて考えることで、職場の活性化と受講者のさらなる活躍につなげること、研修を通じた女性社員間の関係性の拡大を図りました。

女性活躍推進の取り組み

<一般事業主行動計画>


女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を下記サイトに公表しています。

女性の活躍推進企業データベース

<認証取得>


2016年 大阪市女性活躍リーディングカンパニー

大阪市女性活躍リーディングカンパニーロゴ

働き方改革

コミュニケーションラウンジの設置


社員同士のコミュニケーションを部門の壁を越えて活性化するためにコミュニケーション・ラウンジを設置。気持ちを和ませる観葉植物と、遊び心を刺激するユニークな形状のテーブルを配置。いろどり豊かなチェアーと明るいフロアで、執務スペースとは異なり、リラックスできる雰囲気を作り出しています。多目的エリアとして昼食や休憩、打合せ、社内イベント等で利用しています。

コミュニケーションラウンジの設置

コミュニケーションラウンジの設置

フリーアドレスを採用


営業部門では、フリーアドレスを採用。固定席を設けないことで、部署や役職に関係なく、現在関わっている案件などに応じて集まることができます。

フリーアドレス

フリーアドレス

創造性を高めるレイアウト


技術部門では、技術者同士の活発なコミュニケーションを促し、創造性を高めるオフィスレイアウトを採用しています。また、プロジェクト開発エリアを設けて、個々の開発プロジェクトごとに技術者が集まり、共同で開発作業に取り組むことで柔軟かつスピーディな開発を行っています。

創造性を高めるレイアウト

創造性を高めるレイアウト