CONTEC

Windows 10 IoT Enterprise対応のタッチスクリーン一体型ファンレス産業用PC 「パネルコンピュータ PT-956Sシリーズ」新発売

日本

プレスリリースの記載内容は、発表日現在のものです。ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、Windows 10 IoT Enterprise (4か国語)に対応したクアッドコアCPU搭載のタッチスクリーン一体型ファンレス産業用PCを開発、「パネルコンピュータ PT-956Sシリーズ」として2018年3月1日より順次出荷開始いたします。

左から PT-956SHX (15インチ)、PT-956SLX (12.1インチ)、PT-956SLXP1 (12.1インチ拡張スロット付)

新製品「パネルコンピュータ PT-956Sシリーズ (以下、PT-956Sシリーズ)」は、クアッドコアCPU インテル Atom プロセッサ E3845 を搭載、ファンレス・スピンドルレスを実現したタッチパネル表示器一体型の産業用途向け組み込み用コンピュータです。工場内の製造ラインや製造装置のHMI端末として、配送システムなどのオペレーション端末としてなど、さまざまな産業用途に使用できます。

PT-956Sシリーズは、2014年1月発売の「パネルコンピュータ PT-955Sシリーズ」と取り付け寸法互換の後継製品であり、システムリプレース・アップグレードが容易に行えます。従来製品 (パネルコンピュータ PT-955Sシリーズ) との比較で、CPU演算能力を約4倍(※1)、グラフィック描画性能は約3倍(※1)に向上させながら消費電力を大幅に低減、電力効率を2倍以上(※2)に向上させました。

PT-956Sシリーズは、15インチ(XGA)タイプの「PT-956SHX」、12.1インチ(XGA)タイプの「PT-956SLX」、12.1インチ(XGA) PCIスロット1基を装備した「PT-956SLXP1」の3タイプを用意。インストールOSは、日本語 / 英語 / 中国語 / 韓国語の4か国語に対応した Windows 10 IoT Enterprise LTSB 2016、同じく4か国語対応の Windows Embedded Standard 7、OSなし/ストレージなしから選択できます。

  • ※1
    ベンチマークソフト CrystalMark 2004R3 を使用した当社環境による実測値での比較です。
  • ※2
    当社の試験環境において、入力電源12VDCで負荷なし状態の消費電力値と最大負荷状態での消費電力値の中央値での比較結果です。

標準ラインアップ

型式 タッチLCD CPU / メモリ 拡張スロット OS/ストレージ 価格
PT-956SHX-DC700000 15インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
なし OSなし / ストレージなし オープン価格
PT-956SHX-DC731314 15インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
なし WES7 / 16GB CFast(SLC) オープン価格
PT-956SHX-DC781724 15インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
なし W10IOTE /
32GB CFast(Q-MLC)
オープン価格
PT-956SLX-DC700000 12.1インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
なし OSなし / ストレージなし オープン価格
PT-956SLX-DC731314 12.1インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
なし WES7 / 16GB CFast(SLC) オープン価格
PT-956SLX-DC781724 12.1インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
なし W10IOTE /
32GB CFast(Q-MLC)
オープン価格
PT-956SLXP1-DC700000 12.1インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
1x PCI OSなし / ストレージなし オープン価格
PT-956SLXP1-DC731314 12.1インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
1x PCI WES7 / 16GB CFast(SLC) オープン価格
PT-956SLXP1-DC781724 12.1インチ
(XGA)
Intel Atom
E3845/ 4GB
1x PCI W10IOTE /
32GB CFast(Q-MLC)
オープン価格
  • WES7 : Windows Embedded Standard 7 RUNTIME P 32bit 日本語/英語/中国語/韓国語
  • W10IOTE : Windows 10 IoT Enterprise LTSB2016 64bit 日本語/英語/中国語/韓国語

主な特長

  • グローバル対応の多言語OSを採用

    OSインストールモデルには、日本語/英語/中国語/韓国語の多言語に対応したWindows Embedded Standard 7 RUNTIME PやWindows 10 IoT Enterprise LTSBを採用しています。表示言語の切り替えが行えますので、製造現場などの多言語化に必要なシーンでの利用に最適です。

  • ランニングコスト削減と省エネルギー化に貢献

    低消費電力プラットフォームのインテル Atomプロセッサ E3845を採用、十分なパフォーマンスを確保しながら低消費電力を実現しています。

  • 保守点検業務を軽減するファンレス設計

    CPUファンを廃しストレージにCFastカードを採用した完全スピンドルレス設計です。ホコリや異物が侵入する心配がなく、経年劣化する部品の使用を極力抑えた設計と合わせて保守点検業務の負担を大幅に軽減します。

  • 運用を省力化するリモート電源管理機能

    ネットワーク経由で外部からシステムアップ(Wake On LAN)、モデム受信によるシステムアップ(Power On by Ring)をサポート。運用面で大幅な省力化が図れます。

  • 耐久性に優れた5線式抵抗膜タッチパネルを採用

    耐久性に優れた5線式抵抗膜タッチパネルを採用しています。動作寿命は3600万回と長寿命です。

  • ハイビジョン対応 DVI外部ディスプレイ出力搭載

    1920×1080ピクセル表示対応の外部DVIディスプレイ出力を標準搭載。本体LCDとは別の画面を大型液晶テレビで映すといった2画面表示のアプリケーションをスタンドアロンで構築できます。アナログRGB(15ピン HD-SUB)変換アダプタを添付しており、アナログRGB出力のディスプレイにも接続できます。

  • 周辺機器を自在に拡張。ツインCFastカードスロット他の豊富なインターフェイス

    DVI-I×1、1000BASE-T×2、USB3.0×1、USB2.0×3、シリアル(RS-232C)×2などの拡張インターフェイスを搭載しています。CFastカードスロットを2スロット搭載しておりOSとデータの分離が可能で一方をシステム起動用、もう一方をメンテナンス用やシステムログ/収集したデータの持ち帰り用といった運用形態がとれるため、たいへん便利です。

  • ケーブル抜けによるトラブルを回避する結束バンドやCFast抜け防止金具を用意

    結束バンドにより、USBケーブルなどのロック機構がないコネクタの抜け防止やCFastカード抜け防止用金具の装備によりCFastカードの抜け防止をすることができ、不要なトラブルを回避できます。

  • 組み込み用途に必要な安心設計

    EEPROMによるCMOSデータの保持でバッテリ切れでもシステムの起動が可能です。
    Windows Embedded StandardまたはWindows 10 IoT Enterprise LTSB 2016インストールモデルでは、OSのWrite Filter機能を使用できます。Write Filter機能でCFastカードへの不要な書き込みを禁止することでCFastカードの書き込み回数制限の不安を解消、また意図しないシステムの改変を防止できるなど、組み込み用途に必要な安心設計に配慮しています。

  • 10.8 - 31.2VDCのワイドレンジ電源に対応

    10.8 - 31.2VDCのワイドレンジ電源に対応しており、さまざまな電源環境で使用可能です。別売のACアダプタにより100VACの電源環境でも使用できます。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先テクニカルサポートセンター
TEL
050-3736-7861(ダイヤルイン)

お問い合わせフォーム

報道関係者様お問い合わせ先営業本部 販売促進グループ
TEL
03-5418-5967(ダイヤルイン)
FAX
03-5418-5968

お問い合わせフォーム

  • 記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • 記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。

ニュースリリース一覧