CONTEC

COM-2(PCI)H シリアル通信 PCI ボード RS-232C 2ch

  • 標準保証3年
  • 延長保証最長6年
  • RS-232C シリアル通信、最高 921,600bps に対応
  • 添付ドライバソフトウェアにより Windows、Linux の標準 COM ポートとして使用可能
  • 最大 16 枚までのボードを増設でき、COM1 - COM256 までの設定が可能
  • 各チャネルに送信 128byte 受信 128byte のバッファメモリを搭載
  • 延長保証サービスは日本国内でのみご利用いただけます。Extended warranty service is only available within Japan.

概要・特長

パソコンに2チャネルのRS-232Cシリアル通信ポートを増設する、PCIバス準拠のインターフェイスボードです。各チャネルに送信128byte/受信128byteのFIFOバッファを持つUART 162850を搭載しています。添付の標準COMドライバによるセットアップでWindows、Linux標準のCOMポートとして使用できます。Win32 APIコミュニケーション関数やMSCommでプログラムも可能です。

  • RS-232C シリアル通信、最高 921,600bps に対応
    • RS-232C 準拠のシリアルポートを 2ch 搭載しています。2 - 921,600bps までのボーレートの設定が可能です。添付の「標準 COMドライバソフトウェア」および「ドライバライブラリ API-PAC(W32)」を使用する場合は 15 - 921,600bps までのボーレートとなります。
  • 添付ドライバソフトウェアにより Windows、Linux の標準 COM ポートとして使用可能
    • 標準添付のドライバでパソコン本体のシリアル(COM)ポートと同列に認識、リモートアクセスサービス(RAS)やUPS他の市販アプリケーションが使用でき、MSComm(OCX)プログラムも可能。Win32APIコミュニケーション関数(CreateFile( ), WriteFile( )など)やVisual Basicのコミュニケーションコントロール(MSComm)でのプログラミングも可能です。
  • 最大 16 枚までのボードを増設でき、COM1 - COM256 までの設定が可能
    • 1 台のパソコンに最大 16 枚までボードを実装できます。デバイスマネージャにより、COM1 - COM256 までの設定が可能です
  • 各チャネルに送信 128byte 受信 128byte のバッファメモリを搭載
    • 各チャネルに送信専用 128byte、受信専用 128byte のバッファメモリを搭載しています。バッファメモリは FIFO 形式で、高速な通信やデータ送受信時での CPU 負荷軽減に役立ちます。FIFO 使用有無、FIFO トリガサイズを、デバイスマネージャで設定できるため用途に応じて最適なシステムが構築できます。