COM-1(USB)H シリアル通信 USB I/Oユニット RS-232C 1ch - マイクロコンバータシリーズ

  • 標準保証1年
  • 延長保証最長6年
  • RS-232Cシリアル通信、最高921,600bpsに対応
  • USB1.1/USB2.0規格準拠し、バスパワー駆動により外部からの電源が不要
  • 送信128byte 受信384byteのバッファメモリを搭載
  • 添付ドライバソフトウェアによりWindowsの標準COMポートとして使用可能
  • 延長保証サービスは日本国内でのみご利用いただけます。

概要・特長

本製品は、外部装置とRS-232C準拠のシリアル通信を行う、USB 2.0対応のRS-232Cマイクロコンバータです。 1台で1チャネルのRS-232C準拠のシリアルポートを備えています。 添付の標準COMドライバソフトウェア[COM Setup Disk]を使用することで、Windows標準のCOMポートとしてアクセスすることができます。 このマイクロコンバータを使用する際は、当社製ドライバソフトウェアを使用する必要があります。

  • RS-232Cシリアル通信、最高921,600bpsに対応
    • RS-232C準拠のシリアルポートを1ch搭載しています。300 - 921,600bpsまでのボーレートをソフトウェアで設定できます。高速でデータ転送する場合は、外部機器やケーブル長などの環境によって正常な伝送ができない場合があります。
  • USB1.1/USB2.0規格準拠し、バスパワー駆動により外部からの電源が不要
    • USB1.1/USB2.0規格に準拠しており、Full Speed(12Mbps)での高速転送が可能です。USBのバスパワーで動作するため、外部からの電源が不要です。
  • 送信128byte 受信384byteのバッファメモリを搭載
    • 送信専用128byte、受信専用384byteのバッファメモリを搭載しています。バッファメモリはFIFO形式で、高速な通信やデータ送受信時でのCPU負荷軽減に役立ちます。FIFO使用有無、FIFOトリガサイズを、デバイスマネージャで設定できるため用途に応じて最適なシステムが構築できます。
  • 添付ドライバソフトウェアによりWindowsの標準COMポートとして使用可能
    • Windows でパソコン本体のCOMポートと同様に使用できるドライバソフトウェアを添付しています。OS標準のWin32APIコミュニケーション関数およびVisual Basic のMSComm に対応しています。また、ハードウェアの動作確認や機器との通信テストが行える診断プログラムも提供しています。