CONTEC

RP-COM(FIT)H-AF シリアル通信 F&eIT メディアコンバータ RS-232C 1ch / PoE対応

  • 標準保証1年
  • 延長保証最長6年
  • 2種類の電源入力対応を用意
  • 用途に合わせ3つの動作モードが選択可能
  • RS-232C最大7ch使用可能(COM-2(FIT)GYを3台増設時)
  • DHCPクライアント機能搭載
  • 最高921,600bpsの高速通信に対応
  • 35mmDINレール取り付け機構をモジュール本体に標準装備
  • 延長保証サービスは日本国内でのみご利用いただけます。Extended warranty service is only available within Japan.

概要・特長

本製品は、シリアル通信(RS-232C)をEthernetに変換するメディアコンバータです。シリアル通信ケーブル長の制限(15m)から、Ethernetケーブル長の長さまで距離が延長でき、かつ、省配線化が実現できます。標準COMとして使用できる仮想COMモードのほか、透過モード、モデムモードの3つの動作モードを持ちます。従来品RP-COM(FIT)GYの上位互換品であり、増設用デバイスモジュールをスタック接続することにより、チャネル数の増設(RS-232C)や機能拡張(RS-422A/485)ができます。

  • 2種類の電源入力対応を用意
    • 5VDC入力電源およびPoE対応によりIEEE802.3af準拠の機器を使用し、UTPケーブルから電源供給が可能。(UTPケーブルから電源供給を行う場合は、当社POW-CB30(af)、POW-CBM4(af)との接続を推奨しています。)
  • 用途に合わせ3つの動作モードが選択可能
    • 仮想COMモード: パソコンの標準COMポート(最大32ポート)と同様に使用できるモードです。 透過モード: 機器の設定およびアプリケーションを変更せずに、機器間の距離が延長できます(最大254組)。 モデムモード: 通信用プログラムを作成し、複数台(N対N, 最大254台)の通信が可能です。
  • RS-232C最大7ch使用可能(COM-2(FIT)GYを3台増設時)
    • 増設用デバイスモジュールRS-232C 2ch用[COM-2(FIT)GY]、RS-422A/RS-485 1ch用[COM-1PD(FIT)GY]を組み合わせ自由で最大3台まで増設可能。(COM-1PD(FIT)GYでのマルチドロップには対応しておりません。)
  • DHCPクライアント機能搭載
    • 機器の設定が容易に行える設定ユーティリティを添付。
  • 最高921,600bpsの高速通信に対応
    • 最高921,600bpsの高速通信に対応(シリアル通信部)(接続相手やケーブル長により、制約を受ける場合があります。)
  • 35mmDINレール取り付け機構をモジュール本体に標準装備
    • 10BASE-T/100BASE-TXに対応(Ethernet部)。 35mmDINレール取り付け機構を装備。