CONTEC

BX-825 ボックスコンピュータ BX-825 - 組み込み用IoTゲートウェイ / 3x GbE / McAfee セキュリティー / Atom E3845 (BayTrail SoC) / DC電源

  • 標準保証3年
  • 延長保証最長6年
  • エッジコンピューティング向けのセキュアなIoTデバイス
  • McAfee ホワイトリスト型ウィルス対策ソフトウェアを標準搭載 (OSプレインストールモデル)
  • 3つのGigabit LANポートが異なるネットワーク階層を相互接続
  • CE / CB / UL / CCC / BSMI / KC 世界の安全規格に適合
  • 広温度範囲対応 0~55℃ で動作保証
  • ケーブル抜けによるトラブルを回避する抜け防止金具や結束バンドを用意
  • 延長保証サービスは日本国内でのみご利用いただけます。

ボックスコンピュータ BX-825 は、IoTアプリケーション向けの組み込みコンピューティングとして、「McAfee Whitelist Solution」を世界初で標準搭載 (2018年5月9日付け マカフィー株式会社プレスリリースより

概要・特長

本製品は、Intel AtomプロセッサE3845を搭載したファンレス組み込み用コンピュータです。スリットレス筐体でありながら、0~55℃の広い温度範囲に対応し、厳しい稼動条件での安定動作が可能です。
クアッドコアCPUの採用により、4つのコアで4つのアプリケーションを同時に安定した高速処理を実現しながら、消費電力は大幅に低減、前世代のアーキテクチャとの比較で電力効率が2倍以上向上しています。DVI-I、Display Port、1000BASE-T、USB3.0、シリアルなど拡張インターフェイスを搭載しています。ファンレス、ストレージにmSATA SSD、CFastカードを採用による完全スピンドルレス設計で保守が容易です。CPUにEmbeddedタイプを採用。安定供給が可能なパーツの使用により、安心してご使用いただけます。さらに、自社カスタマイズBIOSを採用し、BIOSレベルでのサポートが可能です。

  • エッジコンピューティング向けのセキュアなIoTデバイス
    • OSインストールモデルには、日英中韓4か国語対応の64bit版Windows 10 IoT Enterprise、McAfee ホワイトリスト型ウィルス対策ソフトウェアをインストールしています。本製品にはインターネット接続デバイスとしての装備があらかじめ揃っています。
  • McAfee ホワイトリスト型ウィルス対策ソフトウェアを標準搭載 (OSプレインストールモデル)
    • OSインストールモデルには、McAfee ホワイトリスト型ウィルス対策ソフトウェアをプレインストールしています。
      ホワイトリスト型は実行を許可するプログラムやコードのリストを予め登録し、登録されていないプログラムやコードの実行をすべてブロックするセキュリティ対策の方式です。不正なプログラムの実行を阻止し、ゼロデイ マルウェアの攻撃から組み込みPCを保護することができます。対策方法や修正プログラムが提供される以前(ゼロデイ)の脆弱性を狙った攻撃に有効です。

  • 3つのGigabit LANポートが異なるネットワーク階層を相互接続
    • 3つのGigabit LANポートを搭載しています。工場内のフィールドバス、コントローラ間、上位情報系ネットワークといった異なるネットワーク階層を相互接続するIoTゲートウェイの用途に最適です。
  • CE / CB / UL / CCC / BSMI / KC 世界の安全規格に適合
    • CE / CB / UL / CCC / BSMI / KCの安全規格に適合しています。本製品を輸出用装置の組み込みPCとして採用することで、開発コスト、運用コストを大幅に縮小できます。
  • 広温度範囲対応 0~55℃ で動作保証
    • 0~55℃の広温度環境下での安定動作が可能です。
  • ケーブル抜けによるトラブルを回避する抜け防止金具や結束バンドを用意
    • USB抜け防止金具、USB/Display抜け防止金具、結束バンドにより、USBケーブルなどのロック機構がないコネクタの抜け防止やCFastカード抜け防止金具の装備によりCFastカードの抜け防止をすることができ、不要なトラブルを回避できます。