CONTEC

導入事例:ピッキングシステム

  • フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社様

    自動車パーツ用の仕分けシステムをリニューアル
    自動車補修パーツ・アクセサリーの仕分け業務にデジタルアソートシステムが活躍

    350カ所以上ある全国のディーラーから年間300万件の補修パーツ・アクセサリーを輸入販売されているのが、フォルクス ワーゲン グループ ジャパン株式会社様(以降フォルクス ワーゲン グループ ジャパン社)です。同社は、注文を受けたパーツを円滑に配送先別に仕分ける現場にデジタルアソートシステムを採用され、作業効率の向上およびコストダウンの実現に役立っています。同社では、デジタルアソートシステムを「ソーティングラックシステム」と呼んでいます。

    キーワード
    • ピッキングシステム
    業種
    • 自動車産業
    目的
    • コストダウン
    • 業務効率向上
    • 顧客サービス強化