CONTEC

新製品のお知らせ – 簡単電流計測で工場設備や機械の稼働を見える化。産業用IoTソリューション CONPROSYS®用「交流電流計測スタータキット CPS-PACM-CMS1」新発売

  • 製品・サービス

アジア、日本、アフリカ、ヨーロッパ、中東、北米、オセアニア、中南米

 コンテックは、工場生産設備などへの後付け装着で電線の電流値を計測でき、設備の稼働監視を簡単に実現する交流電流計測スタータキット「CPS-PACM-CMS1 (以下、新製品)」を発売し、2020年1月28日より受注を開始しました。

交流電流計測スタータキット CPS-PACM-CMS1

交流電流計測スタータキット CPS-PACM-CMS1 CONPROSYS TM(別売)との接続イメージ CONPROSYS TM(別売)との接続イメージ

交流電流計測スタータキット CPS-PACM-CMS1 クランプ式CTセンサ クランプ式CTセンサ

CONPROSYS TM(別売)での表示画面例_保存データ一覧

CONPROSYS TM(別売)での表示画面例

CONPROSYS TM(別売)での表示画面例

型式 機能仕様 価格(税別)
CPS-PACM-CMS1 CONPROSYS TMシリーズ計測オプション 交流電流計測スタータキット ¥42,000
  • コントローラ本体として、CONPROSYS TMが別途必要となります。

 新製品は、別売のコントローラCONPROSYS テレメータシリーズ(以下、CONPROSYS TM)とModbus-RTU(RS-485)にて通信できる交流電流センサ(以下、CTセンサ)2式とACアダプタ、接続ケーブルが一体となったスタータキットです。
 新製品とCONPROSYS TMを組み合わせて使用することで、特別な工具等を使わずにCTセンサを計測したい電線にクランプし、ブラウザでCONPROSYS TMを簡単設定するだけで、60Aまでの交流電流の計測が開始できます。CTセンサが取得した値はCONPROSYS TM本体に取り込まれ、ブラウザ上でリアルタイムデータが確認できるだけでなく、CONPROSYS TMが持つイベント検知、ファイル保存、警報メールを通知、モニタリング画面などの様々な機能を利用することができます。さらに、CONPROSYS TMに内蔵された画面作成ソフト(CONPROSYS HMI)を使うことでグラフィカルな表現が可能です。
 機械のチョコ停が頻繁に起こる現場では、設備の稼働状態(運転、アイドルなど)を正確に計測・把握することで傾向と対策を講じ、稼働率向上・予防保全へと繋げることが必要となっています。新製品とCONPROSYS TMとを接続して使えば、センサの選定、信号配線、IoT機器の設定などの煩わしさから解放され、設定から運用までのすべてをWebブラウザから完全プログラムレスで行えるため、遠隔監視システムの構築に要する時間とコストを大幅に抑えることができ、すぐに設備の稼働監視がスタートできます。

関連リンク

新着お知らせ

お知らせ一覧