CONTEC

遠隔監視・データロギングの用途に特化した新シリーズを追加、CONPROSYS® テレメータシリーズ 新発売

  • 製品・サービス

アフリカ、アジア、ヨーロッパ、日本、中東、北米、オセアニア、中南米

プレスリリースの記載内容は、発表日現在のものです。ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、産業IoTの総合ブランド「CONPROSYS® (コンプロシス)」に遠隔監視・データロギングの用途に特化した新シリーズを追加、CONPROSYS® テレメータシリーズとして2018年7月18日より販売開始しました。

CONPROSYS® テレメータシリーズ CPS-TM341GMB-ADSC1-931

型式 品名 価格
CPS-TM341MB-ADSC1-931 CONPROSYSテレメータ LANモデル オープン
CPS-TM341GMB-ADSC1-931 CONPROSYSテレメータ 3Gモデル オープン

CONPROSYS テレメータシリーズは、「Webモニタリング」「ファイル保存」「イベント監視(メール通報など)」など遠隔監視システムに必要な機能を標準搭載したコントローラです。デジタル入出力、アナログ入力、カウンタの信号入力端子を標準装備しセンサーやアクチュエータから直接データ収集が行えるほか、Modbus マスタ機能を搭載しているため、各社のPLCや当社CONPROSYS nanoシリーズを始めとするModbusスレーブ機器と通信を行うことができます。収集したデータは、標準搭載された画面作成ソフト CONPROSYS HMIを使いグラフィカルに表現でき、各種ブラウザから遠隔モニタリングが可能です。当社クラウドデータサービス CONPROSYS Cloud Data Service 2(CDS2) *1にも対応しており、多拠点の総合監視システムにも発展が可能です。

CONPROSYS テレメータシリーズは、「Webモニタリング」「ファイル保存」「イベント監視」の各設定から運用までのすべてをWebブラウザから行う完全プログラムレスを実現、遠隔監視システムの構築に要する時間とコストを大幅に抑えることが可能です。

コンテックは、エネルギー発電、水処理プラント、ビルオートメーション分野で高まっているリモート監視システムのニーズに対してCONPROSYS テレメータシリーズを提供することで、定期巡回の手間を大幅に減らすばかりか、異常時にスマートフォンやPCへメールで通知することで迅速な保守対応に繋げ、TCO(Total Cost of Ownership)削減に寄与いたします。

  • ※1
    詳細は当社ホームページにてご確認下さい。 https://www.contec.com/jp/products-services/daq-control/iiot-conprosys/cloud/

導入事例① 僻地にある放送設備監視システム

  • 3Gを使うことで専用線に比べて低価格でネットワークを構築
  • 異常はメールで通知されるので、定期点検の頻度を減らすことができた

導入事例② 河川水位監視システム

  • 水位の一括監視で、定期巡回の手間を大幅に削減
  • 巡回が難しい僻地の管理地点でも3G回線網+オンプレサーバ(別途ご相談)やクラウド活用で遠隔監視

ソフトウェアの特長

  • 遠隔監視システムに必要な機能を設定だけで運用。完全プログラムレスですばやく遠隔監視をスタート

    「データ収集機能」「モニタリング機能」「ファイル保存機能」「イベント監視機能」「外部機器通信機能」を標準搭載。簡単な設定だけでこれらの機能が使えるため、低コスト・短期間で遠隔監視システムの構築が可能です。

  • 画面作成ソフト CONPROSYS HMIを搭載

    用意された表示アイテムを並べて、入力されている信号の状態をモニタリング。Webブラウザだけで直感的に画面を作成することができ、プログラム言語の知識や特別な開発環境は必要ありません。数多く用意されている表示部品をドラッグ&ドロップするだけで作画することができます。

  • PLCなどを含むModbusスレーブ機器に対応

    Modbusスレーブに対応した各社PLCを含む、各種Modbus スレーブ機器と通信が可能です。

  • Webブラウザから操作

    Webサーバー機能を搭載し、離れた場所のパソコンからWebブラウザで操作できます。設定からモニタリングまで、すべてのオペレーションがWebプラウザの操作のみで完了します。

  • CONPROSYS Cloud Data Service 2(CDS2)との連携

    当社クラウドサービス CONPROSYS Cloud Data Service 2(CDS2)との通信機能を搭載。手軽に連携することができます。

    • ※1
      CONPROSYS Cloud Data Service 2のご利用には別途オプション契約が必要となります。

ハードウェアの特長

  • 各種インターフェイスを搭載

    絶縁型デジタル入力4点(うち2点を絶縁型カウンタ入力2点に割り当て可能)、半導体リレー出力2点、チャネル間絶縁アナログ電流入力2ch、絶縁型RS-422A/485: 1ch、RS-232C: 1ch、LANポート、USBポート、3G通信モジュール(CPS-TM341GMB-ADSC1-931のみ)。

  • コンパクト設計

    188.0(W)×78.0(D)×30.5(H) mmというコンパクト設計で設置場所を選びません。

  • -20~+60℃の温度環境で稼動

    -20~+60℃の周囲温度環境に対応しており、さまざまな環境で使用可能です。

  • ネジ留め設置やDINレールへの取り付けが可能

    壁へのネジ留め設置や35mm DINレールへのワンタッチ取り付けが可能です。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先テクニカルサポートセンター
TEL
050-3736-7861(ダイヤルイン)

お問い合わせフォーム

報道関係者様お問い合わせ先営業本部 販売促進グループ
TEL
03-5418-5967(ダイヤルイン)
FAX
03-5418-5968

お問い合わせフォーム

  • 記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • 記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。

お知らせ一覧