CONTEC

世界の産業用イーサネットにマルチ対応 CONPROSYS® IO-Linkマスタ 新発売

  • 製品・サービス

アフリカ、アジア、ヨーロッパ、日本、中東、北米、オセアニア、中南米

プレスリリースの記載内容は、発表日現在のものです。ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。

 株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、CC-Link IE Field Basic、EtherNet/IP、Modbus TCP、PROFINETの産業用イーサネット4種に対応したIO-Linkマスタを開発、産業IoTの総合ブランド CONPROSYS® シリーズの新製品として2019年6月25日より受注を開始しました。

新製品  IO-Linkマスタ CPSL-08P1EN CPSL-08P1EN

型式 モデル 価格
CPSL-08P1EN IO-Link Master (8-channel) オープン価格

 新製品 (型式 : CPSL-08P1EN) は、世界のさまざまな産業用イーサネットのバックボーンと国際標準IEC 61131-9のI/O接続技術「IO-Link」とを効率的に統合するゲートウェイとして機能します。Class A M12コネクタを採用した8つのIO-Linkポートを持ち、IP67保護等級の防塵防水性能、および-20~+60℃の温度環境で使用できる耐環境性を実現しています。CC-Link IE Field Basic、EtherNet/IP、Modbus TCP、PROFINET の4つの産業用イーサネット・プロトコルに対応、本体のロータリースイッチで簡単に切り替えることができます。
 これまで製造業の生産ラインへのIoT投資は、「見える化」を目的としてコントローラやHMI (見える化Human-Machine-Interface) の層までというケースが多くありました。IO-Linkを活用することで、センサー/アクチュエータレベルの状態・診断情報を把握することが可能となり、設備動作不良の早期把握、故障予兆保全、ダウンタイムの短縮に大きく貢献します。

主な特長

  • マルチプロトコル対応

    本製品は、複数の産業用イーサネット・プロトコルに対応しており、本体スイッチの切り替えでPROFINET、EtherNet/IP、Modbus TCP、CC-Link IE Field Basic のネットワークに接続することができます。

  • 8チャネルの独立したIO-Linkポートを搭載

    本製品に搭載された8チャネルのIO-Linkポート(Class A)は、独立してパラメータを設定することが可能で、IO-Linkモード、SIOモードの設定をポートごとに行うことができます。また、IO-Linkポートの2番ピンをデジタル入力端子として使用でき、IO-Link通信をしながらデジタル入力ができます。

  • Webブラウザによる簡単設定

    各種ネットワーク設定や状態確認は、ネットワーク上のパソコンからWebブラウザを介して簡単に行うことができます。

  • -20~+60℃の温度環境で稼動

    -20~+60℃の周囲温度環境に対応しており、さまざまな環境で使用可能です。

  • IP67の防塵・防水性能

    IP67等級の防塵・防水設計により、水や粉塵のある環境でも使用可能です。(※ IP67はすべてのコネクタに当社指定の防水キャップを取り付けた場合の性能表示です。)

  • 電源用M12コネクタを採用

    電源コネクタに、電源用M12コネクタ(Lコード)を採用し、コンパクトで大きな電力を供給可能です。また、電源コネクタに接地端子(機能接地)を装備しています。

  • 電源用出力端子搭載

    電源入力端子に入力された電源を分岐し、電源出力端子から出力します。他のデバイスの電源として使用できるため、電源をデイジーチェーン接続することができます。

  • 動作確認用LED搭載

    各インターフェイスの通信状況が目視で把握できるように動作確認用LEDを搭載しています。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先テクニカルサポートセンター
TEL
050-3786-7861(ダイヤルイン)

お問い合わせフォーム

  • ※ 2019年4月より電話番号が変更になりました
報道関係者様お問い合わせ先グローバル営業本部 販売促進グループ
TEL
03-5418-5967(ダイヤルイン)
FAX
03-5418-5968

お問い合わせフォーム

  • 記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • 記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。

ニュース一覧