CONTEC

CPSN-MCB271-1-041 CONPROSYS nano リモートI/O 通信カプラ / Modbus スレーブ / 4x スロット / 2x LAN

  • 新商品
  • 標準保証3年
  • 延長保証最長6年
  • I/O モジュールの増設
  • コンパクト設計、I/O モジュールの取り付け、取り外しが簡単
  • -20~+60℃周囲温度に対応
  • スイッチ機能内蔵のLANポートを2ポート搭載
  • Windows版ドライバソフトウェアに対応
  • 仮想COMドライバに対応
  • 延長保証サービスは日本国内でのみご利用いただけます。

概要・特長

本製品は、LANインターフェイス、4スロットの拡張スロットを備えたリモートI/OモデルのCPUユニットです。CONPROSYS nanoシリーズのI/Oモジュールを必要に応じて自由に組み合わせることができます。 加えて、Windows/Linux PCからの制御、Modbus TCP Slaveに対応しています。

  • I/O モジュールの増設
    • 本製品は、CONPROSYS nano シリーズの多彩なI/O モジュールの中から必要な機能に合わせて自由にI/O モジュールを増設することができます。
  • コンパクト設計、I/O モジュールの取り付け、取り外しが簡単
    • 110(W)×74.8(D)×95(H) mmというコンパクト設計で設置場所を選びません。
      工具などを用いることなく、拡張モジュールの取り付け、取り外しが可能です。
  • -20~+60℃周囲温度に対応
    • -20~+60℃の周囲温度環境に対応しており、さまざまな環境で使用可能です。
  • スイッチ機能内蔵のLANポートを2ポート搭載
    • 2ポート搭載しているLANポートはスイッチ機能を内蔵しており、デイジーチェーン接続のようにネットワークを構成できます。
  • Windows版ドライバソフトウェアに対応
    • UDP/IPをベースにしたオリジナルプロトコル(F&eITプロトコル)を搭載しており、Win32 API関数(DLL)形式で提供するWindows版ドライバソフトウェアを使用したアプリケーションが作成できます。さらに、診断プログラムを提供していますので、ソフトウェア、ハードウェアが正常に動作しているか容易に確認できます。
  • 仮想COMドライバに対応
    • 拡張スロットにCOMモジュールを挿入した場合、Windows環境でパソコン本体のCOMポート(標準COM)と同様に使用できるようにするソフトウェア(仮想COMドライバ)に対応しています。OS標準のWin32 APIコミュニケーション関数を使用したアプリケーションが作成できます。