CONTEC

IoT時代のリモートI/Oシステム nanoシリーズ

点在するローカルデバイスのデジタル化に欠かせないリモートI/O機器。
使いやすくコストパフォーマンスに優れたCONPROSYS nanoが産業システムのデジタルトランスフォーメーションを加速します。

圧倒的なコストパフォーマンス

使いやすさに妥協せず、必要な機能に絞り込んだ低価格リモートI/O機器。必要なI/O点数だけで無駄なくノード構成できるモジュール式を採用。

GOOD DESIGN AWARD 2018, 35mm DINレールに対応, I/Oモジュールの簡単着脱

CONPROSYS nanoの特長

あらゆるシグナルに対応 電圧入出力、電流入出力、湿度入力、精算カウンタ、デジタル入出力、リレー出力、RS-485通信

あらゆる信号を情報化する豊富なI/Oモジュール。

装置のコストダウンに貢献 カプラユニット ¥15,800(税別)~ + I/Oモジュール ¥4,800(税別)~

使いやすさに妥協せず必要な機能に絞り込んだ、イーサネットベースの低価格リモートI/O

無駄なくユニットを構成 【従来】シリアル通信、アナログ入力、アナログ出力、シリアル通信 ・さまざまなI/Oに対応するには多数のユニットが必要 ・ノードが増えてコスト増大、プログラムが複雑に 【CONPROSYS nano なら】無駄なくシンプル ・必要なI/O点数だけの無駄がないノード構成が可能 ・ノードの集約でコストを低減、通信プログラムがシンプルに

必要な機能・I/O点数だけでユニットを柔軟に構成できるモジュール式。アプリ開発もシンプルに。

あらゆるフィールドに対応 -20~60℃, 110mmx95mm

-20~60℃の広温度範囲に対応な耐環境設計。設置場所を選ばない耐環境設計。省スペース設計のコンパクト筐体なので、狭い場所にも設置可能。

お問い合わせ・資料請求

セミナーテキスト無料ダウンロード

CONPROSYSハンズオンセミナー(約10MB)[要認証]

無料ダウンロード

資料請求・お見積り・導入のご相談はこちら

お問い合わせフォーム