CONTEC

新製品のお知らせ - 高精細な画像処理やエッジAIアプリケーションに最適なFAコンピュータ
インテル® Xeon® Eプロセッサ対応「VPC-5000シリーズ」新発売

  • 製品・サービス

日本、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、中東、北米、オセアニア、中南米

 株式会社コンテックは、第9世代(Coffee Lake Refresh-S)のインテル® Xeon® EプロセッサおよびCore™プロセッサに対応し、24時間連続稼働を想定したハイパフォーマンスのFAコンピュータを開発、「VPC-5000シリーズ(以下、新製品)」として、2020年10月1日より受注を開始いたします。

VPC-5000
前面

VPC-5000
背面

主な特長

  • Xeonプロセッサ対応のハイパフォーマンス・FAコンピュータ

    インテルXeon E プロセッサ 2200シリーズ、第9世代 インテルCoreプロセッサに対応、最大64GBの大容量ECCメモリの搭載が可能です。交通 / 社会インフラ / 医療機器 / セキュリティ / アミューズメントなど高度な多重処理を必要とする分野に適用します。

  • HPC・GPUコンピューティングに対応

    ハイエンドGPUボードに対応した1000W 80 Plus SILVER認証の電源ユニットが選択可能。画像処理やマシンビジョン、AI / ディープラーニング(深層学習)にも使用できるハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) 環境を提供します。GPUボードを当社で実装するキッティングサービスも提供可能です*1

  • 24時間連続稼働を前提に高信頼・長寿命部品を採用

    組み込み用PCの代名詞「ボックスコンピュータ®」のノウハウを随所に活かした⾼信頼・⻑寿命設計。ホットスワップ対応ハードウェアRAID 1/5*1/10*1より選択することで、システムを連続稼働させたままフロントハッチよりストレージ交換が可能です。高い可用性を求めるシステムにも安心して使用できます。

  • 長期供給・長期保守を実現

    長期製品供給、修理保守サービスに加え、最長7年にわたり故障部品交換などのアフターサービスを提供する長期オンサイト保守サービスを提供(有償)。コンピュータがモデルチェンジするたびに発生していた検証・改修工数などのライフサイクルコストを大幅に削減できます。

  • Windows 10 IoT Enterprise LTSC*2、Windows Server IoT*1 に対応

    不要な再起動や業務アプリケーションにとって不用な機能アップデートを抑止する LTSC (Long Term Servicing Channel) 版 Windowsを採用。セキュアな専用端末の開発に便利なロックダウン機能を搭載し 日本語 / 英語 / 中国語 / 韓国語の4言語に対応した Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC、サーバクラスの多重処理やネットワーク性能を要するエッジサーバに適した Windows Server IoT 2019を選択できます。

BTOセレクトメニュー

本製品は、注文時にメモリ/ストレージ他を選択いただけるBTO(注文後組み立て)方式でのご提供となります*3

CPU
  • Xeon E-2278GE
  • Xeon E-2226GE
  • Core i3-9100E
  • Celeron G4900
メモリ(ECC対応)
  • 8GB (1x 8GB)
  • 16GB (2x 8GB)
  • 32GB (2x 16GB)
  • 64GB (2x 32GB)
ストレージ1
  • 1x 2TB HDD
  • 1x 256GB SSD
  • 1x 512GB SSD
  • なし
ストレージ2*4
  • 1x 2TB HDD
  • 1x 256GB SSD
  • 1x 512GB SSD
  • なし
ストレージ3*4
  • 1x 2TB HDD
  • 1x 256GB SSD
  • 1x 512GB SSD
  • なし
ストレージ4*4
  • 1x 2TB HDD
  • 1x 256GB SSD
  • 1x 512GB SSD
  • なし
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • なし
RAID
  • ハードRAID(RAID1)
  • ハードRAID(RAID5)*1
  • ハードRAID(RAID10)*1
  • ソフトRAID(RAID1)
  • なし
電源
  • 500W
  • 1000W
OS
  • Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64-bit (日/英/中/韓)

  • Windows Server IoT 2019 Standard (日)*1
  • なし
オプション
  • キーボード
  • マウス
  • オンサイト保守
  • なし
  • *1
    今後対応の予定です。
  • *2
    Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSCは、UWF(Unified Write Filter)機能を持ち、ディスクへの書き込みをRAMなどにリダイレクトして、実際のディスクへの書き込みを抑止して保護する機能です。
  • *3
    選択できない構成があります。詳しくは当社営業または代理店までお問い合わせください。
  • *4
    RAID機能を選択する場合、ストレージ1と同じタイプのデバイスを選択してください。

関連リンク

新着お知らせ

お知らせ一覧