CONTEC

新製品のお知らせ – CONPROSYS® nanoシリーズ I/Oモジュール アナログ出力、カウンタ入力、デジタル入出力、リレー出力4種 新発売

  • 製品・サービス

アフリカ、アジア、ヨーロッパ、日本、中東、北米、オセアニア、中南米

 コンテックは、CONPROSYS® nanoシリーズの新製品として、-20~60°Cの広温度範囲に対応したスタックタイプのアナログ出力、カウンタ入力、デジタル入出力、リレー出力モジュール4種を、2020年5月19日より順次発売を開始いたしました。

左から:CPSN-AO-1602LC、CPSN-CNT-3201I、
CPSN-DIO-08SL、CPSN-RRY-4PCA

CPUカプラユニットとの実装イメージ

 新製品は、コストパフォーマンストと使い易さを追求したリモートI/Oシステム CONPROSYS nanoシリーズのCPUカプラユニットにデジタル機能、アナログ機能などI/Oインターフェイスを増設する拡張用モジュールです。各製品の主な特徴は以下の通りです。

型式 仕様 価格 (税別)
CPSN-AO-1602LC 絶縁型アナログ電圧・電流出力モジュール (16bit、2ch) \24,800 (税別)
CPSN-CNT-3201I カウンタ入力モジュール (1ch、32bit、500KHz、2相) \12,800 (税別)
CPSN-DIO-08SL 絶縁型双方向デジタル入出力モジュール (8点、電流シンクタイプ、外部電源) \9,800 (税別)
CPSN-RRY-4PCA リレー接点出力モジュール (a接点、4点、2A) 未定