CONTEC

太陽光発電計測監視システムに発電量の計測機能を拡張。
SolarView® パルス計測オプションボックス 「SV-OPT-CNT2DI8-BOX」新発売

  • 製品・サービス

日本

ニュースリリースの記載内容は、発表日現在のものです。ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。

 株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、従来の計測装置に接続して容易に売電電力量、買電電力量を計測できるオプション製品を開発、「SolarView®シリーズ」の新製品としてパルス計測オプションボックス (型式: SV-OPT-CNT2DI8-BOX) の受注を12月18日より開始しました。

SV-OPT-CNT2DI8-BOXシステムイメージ図 SV-OPT-CNT2DI8-BOX

型式 機能仕様 価格
SV-OPT-CNT2DI8-BOX パルス信号入力:最大2点、接点信号入力:最大8点、Modbus/TCPスレーブ機能搭載 オープン価格

 新製品 (型式: SV-OPT-CNT2DI8-BOX) はSolarView Compact / Air*1 にパルス入力信号と接点入力信号を拡張するオプションボックスです。SolarView Compact / Airと本製品の接続は、イーサネットで接続します。屋外設置が可能な樹脂キャビネットに収納していますので、そのまま追加・分離設置が可能です。パルスや接点情報の計測設定は、SolarView Compact / Airの設定画面から行うことができ、簡単に売電電力量、買電電力量の計測をスタートできます。

 太陽光発電計測監視システムには、パワーコンディショナのみを対象とするシンプルな方法から、発電周辺設備や売電電力量、買電電力量までも対象とする複雑な方法まで様々な方法が存在します。従来、計測対象が多いシステムにはカスタマイズを含む大掛かりな計測システムを用いられる事が多かったのですが、SolarView Compact / Airと本製品を組み合わせることで、太陽光発電計測監視システムの標準化と大幅な低コスト化が実現します。また、本組合せでご利用頂くと基本的な計測対象の多くをカバーしていますので、耐用年数を迎えた従来型の計測装置からのリプレイスも容易に行なえます。特にSolarView Airとの組合せ利用では、弊社が提供する安価なクラウドサービスにより、導入費用だけでなくランニングコストの低減も期待できます。

  • *1
    SolarView Air(出力制御対応版)は接続できません。

主な機能と仕様

  • パルス信号入力x2ch(売電電力量、買電電力量を計測します)
  • 接点信号入力x8ch(計測装置本体の4chに加えて、プラス8chの信号入力を拡張します)
  • 屋外設置対応樹脂キャビネット
  • サーキットプロテクタや端子台など、盤内配線および機材組み付け済み

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先ソリューションサポートセンター
TEL
050-3786-4985(ダイヤルイン)

お問い合わせフォーム

  • ※ 2019年4月より電話番号が変更になりました
報道関係者様お問い合わせ先グローバル営業本部 販売促進グループ
TEL
03-5418-5967(ダイヤルイン)
FAX
03-5418-5968

お問い合わせフォーム

  • 記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • 記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。

新着ニュース

ニュース一覧