CONTEC

CONPROSYS HMI(標準搭載)

センサー/制御機器からデータの収集や蓄積をするIoT環境を簡単に実現することができるアプリケーション機能を標準で搭載しています。
Webブラウザからの直観的な操作でデータ処理・制御・見える化を実現できます。

モニタリング

用意された表示アイテムを並べて、入力されている信号の状態をモニタリング。Webブラウザだけで画面を作成することができ、プログラム言語の知識や特別な開発環境は必要ありません。数多く用意されている表示部品をドラッグ&ドロップで作画していくことができます。また、表示部品の設定やセンサーなどとのデータのリンクは、プロパティ画面で設定できます。

  • 多種多様な表示アイテムで多彩な画面
  • 編集時もデータ連携・確認が同時に可能
  • CONPPROSYSだけで見える化を実現

Web操作で簡単設定、モニタリング画面を準備可能、収集情報のモニタリング、アラーム情報の確認、設備への闘値変更指示

設定・保存・実行がWebブラウザで完結

マルチプラットフォーム(Windows, Android, iOS, MAC, Linux)で利用可能です。

表示コントロールエリア(ツリー形式で表示される「表示コントロール」の一覧から「アイテム」を選択し、画面内に配置します。)クリックして選択orドラック&ドロップ、プロパティエリアで設定、レイヤエリア、メニューバーエリア、プロパティエリア(アイテムの設定は、右側のプロパティエリアで行います。レイヤーの作成/JavaScriptの記述も可能です。)、変数リンクエリア、JavaScriptエリア

CONPROSYS VTCとのデータ連携

内部変数(TAG)を用いてCONPROSYS VTCとの連携が可能です。VTCで処理を行った結果を表示したり、HMIの操作をVTCのフロー制御へ反映させることができます。

オンラインヘルプ

お問い合わせ・資料請求

セミナーテキスト無料ダウンロード

CONPROSYSハンズオンセミナー(約10MB)[要認証]

無料ダウンロード

資料請求・お見積り・導入のご相談はこちら

お問い合わせフォーム

ページトップへ