CONTEC

運輸・交通

安心安全への取り組みが進む運輸・交通業界

運輸業界では、ドライバーの安全や事故防止、効率化や省エネ、バリアフリー化やサービス向上のテーマに ICT/IoT技術を応用した取り組みが進められています。鉄道業界においても、施設の整備や車両内でのサービス向上・防犯など、諸外国との厳しい競争下で鉄道システムの差別化に向け、IoT技術が注目されています。

産業用途で磨かれたコンテックの堅牢なデバイス

路線バスや業務車両向けの車載用コンピュータ、鉄道規格 EN50155 適合の鉄道車両向けコンピュータを提供、デジタルサイネージやロケーション・フリート管理での数々の納入実績から最適な製品・ソリューションのご提案をいたします。

港湾や物流センター、工場内のフォークリフトや無人搬送車向けの情報端末、移動体通信用の無線LANシステムなど、最先端の技術でお客様の課題を解決いたします。

導入事例

株式会社ジェイアール東日本企画様

テレビ、新聞、雑誌などに次ぐ新たな広告メディアや情報配信の手段として注目が高まっている「デジタルサイネージ」。(株)ジェイアール東日本企画様は、2008年7月に東京駅八重洲南口コンコースへ「デジタルサイネージ」を試験的に設置。以降、首都圏を中心に設置を進め、2009年度末時点で12駅18カ所、計170面を映像メディア「J・ADビジョン」として展開されています。

株式会社音楽館様

鉄道博物館の209系(京浜東北線)、および211系(高崎線)電車シミュレータのリニューアルで株式会社音楽館殿がF&eITシステムを採用。正確性が求められるシミュレータで十分な応答性を確保しながら、装置側と計算機側をLANケーブル一本で接続する省配線システムです。

阪神高速技術株式会社様

総延長243.8kmにおよぶ阪神高速道路の施設の新設、改築、維持、修繕、災害復旧などを主要業務としている阪神高速技術(株)様。同社は高速道路の維持・管理で培ってきた動画配信技術を応用して、救急医療用リアルタイム動画配信システム「Dr.now」を開発、救急車両の画像処理・通信用コンピュータに「ボックスコンピュータ®」が採用されています。

ユアサ工機株式会社様

「ただいまの○○の様子をお送りします」というナレーションとともに、テレビの天気予報画面の背景に映る景色映像。このいわゆるお天気カメラには、特定のビルの屋上などに設置している物と名所旧跡に設置している物があります。ビルの場合は固定されていますが、名所旧跡では景観を損なわないように伸縮ポールを使用しています。撮影するときだけポールを伸ばしてカメラを上昇させ、撮影が終わるとポールを縮めて、ひっそりと茶屋の陰に身を隠しておく、そうした配慮がなされています。
このようなお天気カメラや監視カメラのほか、放送局の中継車に搭載される油圧式伸縮ポールで高いシエアを持つのが、ユアサ工機(株)殿(本社:岡山市北区)です。

太平工業株式会社様

太平工業株式会社様は、総合エンジニアリングのリーディングカンパニーです。移動体管理システムの事例として今回のシステムを回収業者様へ納入されました。自治体・一般事業主から受付けたゴミの回収依頼を地図上へ登録することにより、顧客管理から回収実績管理までを一元で行うものです。ごみ回収車のドライバーへ当日のスケジュールと回収場所の回収ルートを車載した産業用パソコン IPC-BX 800 で分かりやすく地図表示することができます。回収を行っているドライバーへ予定外の追加スポット回収指示も携帯電話回線網を使用して回収位置情報を的確に指示することが可能となります。回収状況・実績情報は事務所(基地局)に送信され、ごみ回収依頼者への請求業務などが随時行われます。

日本エアコミューター株式会社様

航空会社の安全の要の一つである整備の基幹システム。そのシステム刷新を前に、日本エアコミューター株式会社(JAC)は、JALグループの厳しい経営環境により限られた予算で現行システムの延命を迫られた。OSのサポート終了に伴うセキュリティ問題やJALグループの規約に則った制限など、数々の厳しい課題をクリアしたのはコンテックのボックスコンピュータ®だった。

導入事例一覧