CONTEC

建設・ビル

省エネ規制の実現にIoTとオープン技術を期待

建設・ビル業界は、特定メーカー機器の構成によるクローズドシステムから、異なるメーカーの製品が相互接続ができる世界標準のオープンシステムへとシフトしています。また、欧米を中心として建設物の省エネ性能を格付けする評価の義務化や省エネ規制が強化が進んでいます。

設備稼働情報の可視化、省エネルギー性能の把握、保守メンテナンスを含めた仕組み作りのためには、あらゆる機器や設備情報の統合が必要であり、IoT技術の応用利用が進められています。

ビルオートメーションならコンテック

装置制御・情報管理・認証の仕組みを担う組み込み用コンピュータ、ネットワーク機器の提供から総合的なお手伝いまで。コンテックは、ビルオートメーションの多様化するニーズに工業分野で培った信頼のエレクトロニクス技術でお応えします。

照明・空調のデマンド制御、監視カメラ防犯システム、エレベータの監視やカゴ内サイネージ、住宅API / ECHONET通信の制御端末など、最先端のオープン技術でお客様の課題を解決いたします。

導入事例

CBC株式会社様

CBC(株)殿は、監視カメラ用レンズ、カメラの製造販売に加え、ネットワーク技術を取り入れてトータルセキュリティシステムの構築までも手掛けています。その中のネットワークカメラ専用高機能録画プログラム「GANZ Pro」は、マンション、スーパー、コンビニ、金融機関、データセンターなどで使用されています。このGANZ Proのセキュリティシステムとして、コンテックのFAパソコン VPC-1000が採用されています。

導入事例