CONTEC

既存設備のIoT化(生産ライン)

システム概要

既存の旧型設備と新たに導入した新型設備とをネットワークで結び、工場全体の生産ラインの稼動状況や加工実績を、ソフトウェアを使用して遠隔監視を行う。

構成イメージ

コンテック40年の経験と技術力を凝縮した「CONPROSYSシリーズ」を使用し、工場内の設備間通信(M2M)をインダストリー4.0が推奨するフィールドネットワーク規格「OPC UA」で統合、HMIソフトウェアで工場全体の稼働監視を行います。
将来はこの資産を活用してMES(製造実行システム)との統合が可能です。旧型の工作機械は、OPC UAサーバー内蔵のM2Mコントローラを使用して新システムに統合させています。

特徴

  • OPC UAサーバを介した通信でSCADAシステムなどの上位システムとダイレクト通信

    これからのM2M通信に不可欠なOPC UA。コントローラ本体にサーバー機能を内蔵していますので、SCADAソフトウェアやMES/ERPシステムとダイレクトにデータ通信が行えます。

  • 稼働状況/故障の監視や運転/停止を一括モニタリング

    コントローラ本体にWebサーバ機能、Web画面の作画ツールを内蔵。クラウドサーバーなどを利用することなく、設備の情報を手軽に見られます。

  • 工場全体の設備の稼働能力が把握でき、生産計画を平準化

関連リンク

お問い合わせ、ご相談など

ソリューションお問い合わせ