CONTEC

PLC言語でプログラム可能なモジュール式リモートI/Oユニット
「CONPROSYS® nanoシリーズ」 新発売

  • 製品・サービス

日本、アジア、北米、ヨーロッパ、アフリカ、中東、オセアニア、中南米

プレスリリースの記載内容は、発表日現在のものです。ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、このたび、国際標準規格IEC 61131-3準拠のPLC言語でプログラムが可能でI/Oを自由に組み合わせできるモジュール式のプログラマブル・リモートI/O、また、そのスレーブ機器として機能するリモートI/O製品を開発、IoTソリューションの総合ブランド CONPROSYS® [コンプロシス] ファミリーのサブブランド CONPROSYS® nano [コンプロシス・ナノ] シリーズとして、日本・アジア・北米・欧州を中心にグローバル展開していくことを発表します。

※ 写真は4つのI/Oモジュールを実装した構成例

IoT技術の活用は、実証実験のフェーズから試験運用や部分的導入のフェーズに入り、より一層のコスト低減が求められています。また、将来のマシンラーニングやAI(人口知能)の活用には、より多くの情報が必要で、末端の機器までをリモート制御できる仕組みが必要とされています。CONPROSYS® nanoシリーズは、こうした課題を解決するコストパフォーマンスに優れた製品です。

CONPROSYS nanoシリーズは、PLCエンジンを搭載したプログラマブル・リモートI/O (型式: CPSN-PCB271-S1-041) と、そのスレーブ機器として機能するリモートI/O(型式: CPSN-MCB271-S1-041)の2種類のカプラユニットを用意しています。いずれのカプラユニットも必要なI/Oのモジュールを挿入して構成するモジュール式を採用、エンドポイントごとに必要なI/O点数に合わせて無駄なくフレキシブルに構成することができます。
プログラマブル・リモートI/Oは、PLC言語の国際標準規格 IEC61131-3に準拠したCODESYS(※2)ランタイムを搭載、CODESYSの開発環境で開発したシーケンス制御プログラムの書き込みが可能です。自律コントローラとして機能しつつ、上位からはModbusスレーブ機器として応答するインテリジェント機器として使用できます。

リモートI/Oは、Windows / Linux PC または PLCのスレーブ機器として使用することができます。Windows / Linux(※1) 対応の専用ドライバ(当社Webサイトから無料ダウンロード)でプログラミングが可能です。またModbus通信をサポートしておりModbus対応のPLCのスレーブ機器として使用することもできます。

CONPROSYS® nanoシリーズのラインアップ

カプラユニット

品名 型式 機能 価格
CPSN-PCB271-S1-041 IEC 61131-3準拠プログラミング
Modbus TCPマスタ/スレーブ
4x I/Oモジュール用スロット
オープン価格
5月末出荷開始
CPSN-MCB271-S1-041 Windows/Linux(※1) ドライバ
Modbus TCPスレーブ
4x I/Oモジュール用スロット
¥15,800(税別)

I/Oモジュール

品名 型式 機能 価格
CPSN-DI-08L 8ch フォトカプラ絶縁入力
(シンク/ソース対応)
¥4,800(税別)
CPSN-DI-08BL 8ch フォトカプラ絶縁入力
(シンク対応)
12VDC電源内蔵
¥6,800(税別)
CPSN-DO-08L 8ch フォトカプラ絶縁
オープンコレクタ出力
¥5,800(税別)
CPSN-DO-08BL 8ch フォトカプラ絶縁
オープンコレクタ出力
12VDC電源内蔵
¥7,800(税別)
CPSN-AI-1208LI 8ch シングエンド入力
または 4ch 差動入力
¥9,800(税別)
CPSN-COM-1PD 1ch RS-485 非同期通信
(全二重/半二重)
¥8,800(税別)
  • ※1
    : Linux用ドライバは開発中です。リリース時期は当社Webサイトでご確認ください。
  • ※2
    : CODESYS は世界中で広く使用されているIEC 61131-3 準拠のPLCエンジンおよびプログラム開発ツールです。IEC 61131-3 は、IEC (国際電気標準会議)によって策定されたPLCシステムに関する国際規格で、PLCのソフトウェア・アーキテクチャーの基本部分と5種類のプログラミング言語 (LD / FBD / ST / IL / SFC)を定義したものです。日本では、メーカー各社が独自にPLCの機能やプログラム開発ツールを発展させてきたため、PLCの機能やツールの操作性に違いがありますが、最近では IEC 61131-3 プログラミングが主流の海外市場を視野に入れ、IEC 61131-3 に対応していくPLCメーカーも増えてきています。

CONPROSYS® nanoシリーズを活用したシステム構成例

CONPROSYS® nanoシリーズを採用するメリット

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ

お客様お問い合わせ先テクニカルサポートセンター
TEL
050-3736-7861(ダイヤルイン)

お問い合わせフォーム

報道関係者様お問い合わせ先営業本部 販売促進グループ
TEL
03-5418-5967(ダイヤルイン)
FAX
03-5418-5968

お問い合わせフォーム

  • 記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • 記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。

ニュースリリース一覧