CONTEC

新製品のお知らせ - 10km以上の長距離間通信が可能に。産業IoTのCONPROSYS®から LoRa変調方式920MHz無線通信モジュール 新発売

  • 製品・サービス

アフリカ、アジア、ヨーロッパ、日本、中東、北米、オセアニア、中南米

 コンテックは、10km以上※1の長距離間通信が可能なLoRa変調方式※2採用の無線通信モジュール (型式 : CPS-COM-1QL) を新たに開発、産業IoTの総合ブランド「CONPROSYS® (コンプロシス)」の新製品として販売を開始しました。

CPS-COM-1QL IoTコントローラ機器との組み合わせ例
型式 品名 価格
CPS-COM-1QL CONPROSYS LoRa無線通信モジュール \39,000 (税別)

主な特長

  • 長距離無線通信が可能

    無線の変調方式にLoRa変調を用いることで10km以上の長距離通信を実現。同じ920MHzのGFSK変調方式よりも長距離通信が可能です。

    • 実際の通信可能距離は、周辺の電波状況、見通しなど使用環境により異なります。

  • コンパクト設計

    25.2(W)×94.7(D)×124.8(H) mmというコンパクト設計で設置場所を選びません。

  • -20~+60℃周囲温度に対応

    -20~+60℃の周囲温度環境に対応しており、さまざまな環境で使用可能です。

  • DINレール設置採用

    DINレール設置およびスライド式の設置により簡単に本製品の交換ができます。

  • 動作確認用LED搭載

    無線の通信状況が目視で把握できるように動作確認用LEDを搭載しています。

実証実験で約17kmの長距離で安定通信を確認

 このたび「六甲山ケーブル山上駅横 天覧台(兵庫県)」と「舞洲スポーツアイランド 風そよぐ丘(大阪府)」との間の約17kmで新製品の通信テストを実施、安定した通信が行えることを実証いたしました。

チャネル特性

帯域幅 125kHz 出力電力 -4dBm 拡散率 7

チャネル 通信成功回数 通信成功率
8 4,999 99.98%
15 5,000 100%

出力電力特性

帯域幅 125kHz チャネル 8 拡散率 7

出力電力 通信成功回数 通信成功率
+13dBm 5,000 100%
-4dBm 4,999 99.98%

拡散率特性

帯域幅 125kHz チャネル 8 出力電力 +13dBm

拡散率 通信成功回数 通信成功率
7 1,000 100%
8 1,000 100%
9 970 96.5%
10 994 99.4%
11 995 99.5%
12 998 99.8%
  • コンテックでは、六甲山ケーブル山上駅横 天覧台と舞洲スポーツアイランド 風そよぐ丘との間の約17kmの実証実験において、長距離で安定通信を行えることを確認し、上記の結果を得ました。
  • あくまで弊社の実証実験の結果であり、ご参考値となります。

関連リンク

  • 記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • 記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。

新着お知らせ

お知らせ一覧