IoT技術を活用したオペレータ在席管理

セル生産オペレータの在席管理を行うシステムです。セル生産エリアに人感センサーとIoT機器を設置して人の動きを収集します。CONPROSYS テレメータシステム (CPS-TM341シリーズ) とCONPROSYS nano (リモートI/O) を使用することで20もの点在するエリアを集中監視します。収集したデータは、WEBブラウザでどこからでも閲覧できます。収集したデータをダウンロードすることが可能で、Excelなどで集計することで在席/不在の時間、回数、時間帯などを分析することができます。

セル生産システムの課題

  • 作業工数の記録を手作業で行っており、管理工数が多くかかっている。また作業工数の記録は作業者の自己申告であり、分析に使うには客観性にかける。
  • ロスタイムやムダ工程を把握して生産性の向上につなげたいが、作業時間が正確に計測できず、分析が行えない。
  • 作業工数原価が正確に算出できていない。

CONPROSYS で課題を解決

CONPROSYSを使ったソリューション事例

IoT化・デジタル化のメリット

  • 作業工数管理の自動化、業務改善への活用

    これまで作業者の自己申告で手作業で記録されていた作業工数が自動収集されますので管理工数が削減できます。収集した客観的な記録データを業務改善に活用することができます。

  • 生産効率の向上

    これまで把握することが難しかった作業時間が正確に記録できるようになります。作業中に足りない部品や消耗品を補充する時間など、作業場を離れた時間も正確に記録されます。正確な工数原価の算出、動線、配膳の最適化につなげることができます。
    また、在席状況の見える化により、オペレータの改善意識向上も期待できます。

関連リンク

お問い合わせ、ご相談など

ソリューションお問い合わせ

To PageTop